Google Ads

2016年3月27日日曜日

【単位取得】ATG477 受けてきました。Federal Tax 【Bradley univ.】



■ATG477 Federal Tax

最後の会計科目の試験となりました。
これでやっと25単位。

【準備】
USCPA REG合格後、4ヶ月経過済
3年度分の過去問 二周
Concept補助レジュメ

【注意】
過去問1周目は時間がかかる。
USCPA出題範囲外が含まれるため。

例)USCPA出題範囲外
Social Security Benefitの例外規定。
原則、非課税。
例外、高所得者INCOME $50k以上の場合、85パーセントが課税。

例)USCPA出題範囲外
Conceptの定義
Ability-to-pay Concept=担税力に応じて課税するよ。
Pay-as-you-go Concept=稼いだら、課税。
Administrative convenience Concept=職場の無料コーヒー、無料のお菓子等は非課税。 
Assignment-of-income Doctrine=親が稼いだ金を息子に収入付け替えてもダメ。
Capital recovery Concept=元本貸して、元本が返済されたらそれは収入では無い。
Claim-of-Right Concept=現金主義の人が、給与をみなし受領したとしても、実質的に使える状態になければ、収入として課税はしない。(Deferred)

他。

例)USCPA出題範囲外
兄弟同士をHead of householdとして申告できること。

例)
involuntary conversionでは、代替資産じゃなきゃダメ。
全く性質のことなるものはダメ。

例)USCPA出題範囲外
Prize and awardsは、$400の有形個人資産までは除外可能。

例)USCPA出題範囲外
Average interest rateと Effective interest rateの算出方法の違い。
Tax ÷ Taxable income=Average
Tax ÷  (Taxable income + Exclusion)= Effective

例)USCPA出題範囲外
Abandoned spouseがStandard Deduction取れること。

例)
Sec.1231 Gain(1年以上保有の事業用の償却性動産及び不動産)があったら、
Sec1245(Personal property)でDepreciation.のRecaptureすること。
Sec.1250(Real Property)も忘れずに。
Sec.1231は、Long-term Capital Gain、Ordinary Loss。差別化すること。

例)USCPA出題範囲外
用語
Regressive(逆進税率)
Progressive(累進税率)
Proportional(比例税率)

例)
REGにも出ていますが、
DRDの計算もマスターしておきましょう。出ます。
持ち分比率に準ずる%と、Lesserがポイントですね。
DRD=(70%or80%or100%)× 「Lesser」 of Taxable income or Dividend

例)USCPA出題範囲外
1)人的役務の50%以上の特定事業への関与
2)年間750時間以上の実質的関与
→上記要件により、不動産業者として扱われる。

例)
Passive activityは原則Passive Activity同士で相殺する。
もし、Mom and Pop Exceptionが該当すれば、以下のプロセスへ
1)AGI $100k未満→$25k までOrdinary相殺可
2)AGI $100k~$150kは相殺額が減っていく。

例)
前払い利息は、Cash-basis, Accrual basisに関係なく、資産化して期間配分する。

例)
Involuntary conversion
交換は、同じ機能性の物に限る。不動産は除く。

例)USCPA出題範囲外
Gift時の、贈与税調整額の考慮。
含み益/総贈与額(FMV)×贈与税額=贈与税調整額

例)USCPA出題範囲外
PALルールは、閉鎖会社にも適用される。
①Active incomeとPassive lossは相殺可能。
②Portfolio incomeは損益通算不可能。

【結果】
補助レジュメConcept 3問程度
過去問から7問程度そのまま
他は初見。何となく解ける感じ。
過去問やれば、対応可。
ただ過去問やらないと難しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿