Google Ads

2016年3月30日水曜日

【費用100万円】USCPAって勉強時間どれくらいかかるの~?Requirement and study hours 【大卒必須】



■受験前に、知っておいて欲しいこと。

*大学に在学中(卒業見込み)or卒業してなければ、そもそも受験できません。
*CPAといえど、会計知識は主に4科目中1科目でしか使いません。
*日商簿記2級は最低知識で必要です。
*お金100万円以上かかります。
(内訳)
1)大手受験予備校=45万~50万円
2)本試験1科目5万円*4科目=20万円
3)学歴審査費用200ドル=2万円
4)Certificate、Licenseの申請要件は会計24単位、ビジネス24単位です。
(日本の大学で取得した単位は認められる可能性があります)
(各州で要件が異なりますが、最低でも上記です)
 →3単位*8科目*会計/ビジネス*試験費用22,500円=36万円(某大手予備校基準)
5) 4)のために倫理試験を受けなければなりません。公式教材費用=238ドルです。
最低100万円になります。

また、本試験1発合格は、珍しいです。
合格体験記を見れば一目瞭然なのですが、1発合格が当たり前ではありません。
追加費用として、不合格の回数*5万円=??万円です。
私の場合は、3回落ちたため、15万円多く支払いました。

全科目それぞれ、合格率は45%前後です。
つまり、世界中にいる
①英語が使える人、米国公認会計士になりたい人
②1科目5万円、4科目最低20万円を支払ってまで受ける人
45%前後で合格します。

予備校の費用が20万円で済むじゃん!やっす!
って釣られると痛い目みます。

---ads by google---

---ads by google---


■勉強時間の目安

時計, 時間, 待機する

目安は、3パターンで大きく分かれます。

1)1000時間~1500時間(多くの方がこちらです)

(該当例)
・日商簿記2級、1級
・TOEIC 400~900
・資格学校通い。
・合格科目の有効期間切れ、長期戦になると1500時間以上かかります。

2)500時間~1000時間(優等生系)

(該当例)
・海外の総合大学を卒業。
・会計、監査、経済、経営学、IT、講義で受けたことある。
・資格学校通い。
・日本公認会計士を持っている。

3)500時間未満(超絶エリート)

(該当例)
・海外の総合大学を卒業。
・会計、監査、経済、経営学、IT、講義で受けたことある。
・ほぼネィティブ。市販の問題集「WileyやBecker」をやるだけで受かる。

ざっとですが。。
以上


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿